【MTG】ウォーハンマー40000とコラボで統率者デッキが10月7日に発売!収録カードと予約に関してまとめ

  • 2022年9月23日
  • MTG
  • 0件
MTG NO IMAGE
10月7日に発売のウォーハンマーの概要と注目カードを海外情報も参考にしてまとめてみました。
「Unfinity」も同時発売されますが、情報が開示されてからはウォーハンマーに注目しています。

9月21日時点で、コレクターズエディションは店舗に1セット入るか入らない程度の量で通常版も4セット程度という情報です。

Amazonでの予約価格は基準価格の1.5倍近くになっているおかしい状況になっており、発売日以降にこれがどう変動するかは予測できない状態になってしまっています。

トレカ投資の私の結論としては、期待を込めて買いです!!

・「ウォーハンマー40000」の概要
「ウォーハンマー40000」の注目カードを紹介
・「ウォーハンマー40000」はトレカ投資として購入するべきか
・事前予約で安く「ウォーハンマー40000」を購入できるのはどこか

ウォーハンマー40000の概要

楽天ブックスとAmazonではセットでなく単体で予約ができましたが、他のサイトでは4種セットでの販売のみです。

予約始まって最初は余り売れていない感じで売切れにはなりませんでしが、収録カードが少し紹介されてから売切れの店が増えてきました。

今回のウォーハンマー40000の統率者デッキは下記4種類で販売になります。 1個6,600円(税込)が基準の価格になり、過去の統率者デッキと比べて割高にはなっています。

  • ティラニッド・スウォーム(緑青赤)
  • 帝国の軍勢(白青黒)
  • ネクロン王朝(黒単)
  • 禍つ神々の力(青黒赤)
  • ・カード100枚入りの構築済みデッキ ・エッチング・フォイル仕様の掲示用統率者カード1枚
    ・両面トークン10枚、ライフトラッカー1つ、デッキボックス1つ ・フォイル仕様の伝説のカード2枚入り
    ・「ウォーハンマー40000」をテーマにしたマジック・ザ・ギャザリングのカードが42枚登場

通常版とは別に、「Collector’s Edition」という特別版があります。

100枚すべてのカードが新しいFoil加工の「サージFoil」仕様で英語版のみです。 ただし、1セット66,000円(税込)と価格がおかしいことになってしまっています..。

1個16,500円(税込)ですよ普通にBOXが1つ買えちゃいますね。  

『Secret Lair』ドロップ全3種も発売される予定ですが、詳細はまだ公開されていません。今は円安なので手を出しにくいところです。「Collector’s Edition」でお金たくさん使わされますし。

  • 『Secret Lair x Warhammer 40,000: Orks』
  • 『Secret Lair x Warhammer Age of Sigmar』
  • 『Secret Lair x Blood Bowl』
Magic The Gathering
¥46,804 (2022/09/23 22:49時点 | Amazon調べ)

ティラニッド・スゥオーム(緑青赤)の主な収録カード

緑青赤の3色デッキです。4種類の中でもクリーチャーが36種類と1番多いデッキです。ティラニッドという部族で構成されています。

   

◆オールド・ワン・アイ
赤緑が好きな私的に好きなカードです。6マナで6/6トランプルという本体のスペックに加えて、5/5トークンと展開でき、トランプル付与され除去されても戦闘前のメインフェイズに2枚手札を捨てることで墓地から手札に戻すことができます。

◆ティラニッドの侵略
アンコモンのカードですが、対戦者が多ければ多いほど効果を発揮するカード。統率者戦は3~5人なので5人であれば4マナで3/3が5体でるのでコストパフォーマンスは高いです。インスタントであったら良かったのになとおしいカードです。

◆歪みを侵食する影
クリーチャー呪文を先に唱えないと2点ダメージを与える能力に注目しました。自分がダメージを受けることはなくクリーチャー呪文を最初に唱えれば2マナ少なくなりますし、コントロール系であれば良い動きをしてくれるではないでしょうか。

◆トキシクレイン
本体のスペックは緑なのに高くはないですが、なんといってもすべての土地は好きな色のマナが出せ、他の能力は全て失う点がどう評価されるかかなと思います。

帝国の軍勢(白青黒)の主な収録カード

白を中心とした白青黒の3色デッキです。3~4マナ域のクリーチャーが多く入っています。安定している感じがしますが、4種類の中では1番魅力は個人的に感じないデッキです。

 

◆生ける聖人、セレスティン
自分の終了ステップの開始時にライフを得た点数以下のマナ総量であるクリーチャーを墓地から場に戻すことができます。
自身で殴り通れば3点ライフ得るので、他のカードの組合わせなくても機能するので優秀なカードです。アグロ系のデッキに入れるには重たいのでデッキは選びそうです。能力は強い。

◆黄金の玉座
敗北する時に追放することで1点残る能力もありますが、クリーチャー生贄にすることでマナ3点得れるのでマナ加速が進むため使い方によってはありなカードだと思います。

◆ヴェクシルス・プラエトール
統率者戦では「警戒」の能力は重宝しますし、瞬速で出して統率者にプロテクションを得れるのは良いですね。4マナ3/4というスペックも十分です。

ネクロン王朝(黒単)の主な収録カード

今回、唯一の黒単の統率者デッキです。

他のデッキも強いカードが多いのですが、海外サイトの評価をみても黒単が1番デッキトータルの価値が高いようです。

◆久遠なる栄光笏
金粉の水連が5マナで好きな色マナ3点で、こちらは4マナで条件はあるものの同じく好きな色マナ3点なので単色デッキにはありなアーティファクトです。
無限マナのコンボに今後使われる可能性がありますね。無限マナで歩行バリスタで無限ダメージとかですね。海外サイトでは9月21日の時点で21ドルの評価でウォーハンマーで2番目の高評価になっています。

◆無限なるトラザイン
文面を読んでいただければわかりますが、墓地にあるアーティファクトのすべての起動型能力を持つというこれまでにないようなカードです。
6マナと重たいですがデッキ構築次第では圧倒的なパフォーマンスを発揮しそうです!25ドルの評価で1番の評価になっています。

◆生体転移
マイコシンスの格子がクリーチャー限定になり、6マナから4マナになったようなカードですね。
アーティファクト呪文を使用した際に1点ライフ失うことで2/2トークンを生成するのは横展開は早くなりますがライフ失うので状況によりけりで強そうです。

禍つ神々の力(青黒赤)の主な収録カード

こちらも3色の青黒赤デッキです。初めの頃からメインカードの「強奪者、アバドン」は情報が出ていたので強いカードという印象です。

 

◆強奪者、アバドン
5マナ5/5のトランプル持ちとスペックは十分で、対戦相手にダメージを与えることで続唱の効果を持つことができます。相手に戦闘ダメージ以外でもダメージを与えるデッキ構築であれば活躍するのではと思います。もの凄く強いということではないですが、普通に強いです。

◆ポクスウォーカー
3マナ3/1の接死とスペックは高くないですが、手札以外から呪文を使用することで墓地から場に戻すことができるというのが最大の強みです。生贄にしてマナを得て無限マナのコンボとかにも使えそうですし墓地を有効に利用できれば非常に強いカードです。ヴィンテージで使われそうです。海外価格はそこまで上がってませんが、今後の活躍次第で上がることが期待されます。

◆ブラッドサースター
赤でドラゴンでないのに飛行持ちは珍しいですね。6マナ6/6トランプルでプレイヤーに戦闘ダメージを与えるたびにアンタップして追加の戦闘フェイズを加えるのは優秀すぎますね。追加戦闘フェイズでは同じプレイヤーにはアタックできませんが、対戦相手の数だけアタックできるというのは強い能力です。他のクリーチャーはアンタップされないので、何かしらでアンタップできるようにすると恐ろしい。

◆ティーンチの高貴なるフレイマー
選べないけど毎ターン墓地からインスタントかソーサリーを1枚手札に戻せるのは強力なアドバンテージ。更にインスタンかソーサリーを唱えると各対戦相手に1点与えるのも強いですね。

 
ひろ         
魅力的なカードが多い!今回のウォーハンマーは強いわぁ~
ぽよりん
強いのはわかったけど高すぎて手がでないわ

ウォーハンマー40000は買うべきか

統率者だけが発売されるのは、普段ないため過去のシリーズと比較はできないので難しいところです。

これまではコレブから統率者のカードが出たりしていましたが今回は統率者デッキしかないため今回を逃すと手に入りにくいです。 今後はザリストで出てくるとは思います。

ウォーハンマーとのコラボという点で著作権の関係もあり基本再販はないので将来的にはウォーハンマーの人気もあり高くなると考えています。

  • Amazonの予約価格は定価以上で発売後にどこまで値段が下がるか
  • 店舗の入荷数も少ないという噂
  • コレクターズエディションは貴重になる可能性が高い

個人的に勝手な予測ですが、通常セットは値下がりせず販売価格と同じくらいで推移し、コレクターズエディションは1年したら倍の13万円近くになると予測しています。

今回、私は結構予約してしまいました!

  1. 通常セットを日英各1セット
  2. コレクターズエディションは4セット

 合計すると約30万円の投資に・・。

ダブルマスターズや団結のドミナリアも積立ているので現金が減りつつあります。

ぽよりん
嫁に怒られるぞー!
【コレクターズエディション】
現状、ネットではほとんど買えません。販売されても数時間で完売してしまっている印象で、1番最初にホビーステーションで予約で6万程度でありましたが収録カードがわからない段階だったので予約迷っていたら売切れてました。偶然、9月20日の夕方にシングルスターで販売しているのを見つけて4セットいきました。在庫14~15セットあったんではないかと思います。

ウォーハンマー40000を安く購入できるところ

今の時点では、楽天市場かヤフーショッピングで在庫が復活する時がありポイントが多く付くイベントの日に購入することをお勧めします。 ただ、かなり無くなるのが早く、21日の昼間に楽天ブックスで単品購入ができてましたが夕方に見たら無くなっていました。

Amazonは何故か英語版が4万以上と高くなってしまっていますが、楽天市場かヤフーショッピングでしたら2万円台でありますので、そちらで購入を検討している方は見てみてください。Amazonは発売後は下がると思いますので、10月7日以降は確認されてください。 

Magic The Gathering
¥46,804 (2022/09/23 22:49時点 | Amazon調べ)

 

まとめ

10月7日は「Unfinity」に注目していましたが、情報が開示されていくたびにウォーハンマーの方に注目していきました。

統率者デッキだけっていうのはこれまで無かったから、発売されてみないとどう値動きするかがわかりませんが国内は余り数がなさそうなので強いカード多いから時間の経過とともに上がっていくのではないでしょうか。

ここ最近は英語版の方が上がりやすいので、今回もそのパターンになるかとは思いますが過去の統率者デッキを見ると日本語版が高い場合もありましたのでプレイヤーが日本語版を集めるか英語版を集めるかというとこも関係していそうですね。

統率者はほとんどのカードが使用できるから、能力をすべて把握は難しいから日本語版の方が人気は高いとは考えてます。

コレクターズエディションも無事に抑えれた(高かったけど)ので、安心して発売日を迎えられます。

きっと、活躍するカードが多々でてくるであろう今回のウォーハンマーの統率者デッキです!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!