【2022年6月資産推移】フリマで在庫整理をして現金比率高めた

不定期で書いている積立投資の資産推移を公開していきます。

我が家では夫婦(37歳、36歳)と子供3人(6歳、3歳、0歳)の証券口座を開設しており、主にSBI証券と楽天証券で資産運用しています。

毎月資産がどのように推移したか、記録という目的もありこの記事を書いており、これから資産運用を始める方の不安が少しでも減れば幸いです。

 

簡単に私の自己紹介は下記になります。

◆資産運用経歴:4年4ヵ月
◆私の年収:360万円程度 + 副業、嫁の年収:300万程度 → 育休中
◆家族:夫婦共働き(私37歳、嫁36歳)、長女(6歳)、次女(3歳)、長男(0歳)

・これから資産運用を始める方へお薦めの証券口座やサービス
・資産運用を始めてからの推移
・我が家の資産運用している銘柄や投資先を紹介

我が家の資産運用している証券口座や利用しているサービス

我が家では、私がマネーフォワードで家計簿を簡易的ですが付けて全て資産管理しています。

資産管理で使用している証券口座などは下記の通りです。

  • 証券口座:SBI証券、楽天証券、ネオモバイル証券
  • 節税サービス:つみたてNISA(夫婦)、ジュニアNISA(長女、次女)、iDeco(私)、住宅ローン控除
  • 家計と資産管理:マネーフォワード(有料版)※楽天市場のSPU上げもあり使用している
  • 主銀行:住信SBIネット銀行、楽天銀行

今から始める方は証券口座はポイントサイトを経由して開設すると条件はありますが、ポイントを数千獲得できますのでポイントサイトを経由し開設されてください。

私のお薦めのポイントサイトはハピタスです。良ければ下記から登録してくれたら嬉しいです。
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

我が家の毎月の投資割合

嫁が育休中で収入の減少と今回男の子で洋服など購入する必要があるため出費が増えるため嫁のつみたてNISAを維持していくかは私の副業次第になってきています。

まず年収360万の我が家の家計ですが、食費や教育委は嫁で私の給与から住居費、光熱費(オール電化)、仕事の時の昼食代で残りの10万前後は自由に使えるので投資に回したり副業の仕入に使用したりしています。

◆私:毎月5万3千円~】

  • SBI証券(つみたてNISA、iDeco) 33,000円 + 5,000円
  • ネオモバイル証券(日本株を1株ずつ) 不定期ですが平均月1~2万
  • コインチェック(仮想通貨)最近は放置
  • トレカ投資 不定期(趣味の領域で楽しみつつしてます)

◆嫁:毎月30,000円
・楽天証券(つみたてNISA) 30,000円、ボーナス設定で12月に40,000円)

◆長女、次女:不定期
・SBI証券(ジュニアNISA)2022年は6月時点で2人とも80万の内の12万だけ積立(;’∀’)

資産運用の推移の比較

今回は前回記事にしました2022年2月、5月と6月23日時点の資産運用の推移を比較してみていきます。

今月からiDecoの資産推移は毎月5,000円の積立てにしているため変動少ないので外しています。

2022年2月の資産運用の推移

2022年2月資産推移

現金比率は3割、投資に7割をベースと考えて資産運用を行っています。

2022年5月の資産運用の推移

マネーフォワードでの資産内訳

4月にトヨタのシエンタをローンを組まずに180万で一括購入したので、現金が一気に減っています。

2022年6月の資産運用の推移

2022年6月資産推移

メルカリなどのフリマで在庫で抱えていたトレカを捌いたり、せどりでは即現金化できるのを中心に立ち回りしたのもあり、現金比率が上がりました。ただ、7月は後半で紹介していますがトレカ投資の支払いが多いので現金がまた減る予定ではあります。

投資信託は米国株式の下落の影響もあり下がっていますが、すぐに使うお金ではないので気にしていません。

つみたてNISAの資産推移

【SBI証券】2022年6月の運用状況(私)

◆6月23日

2022年6月資産推移

メインのSBI証券の運用状況になります。特定口座も含めています。

5月と比べると米国株式の下落が進んでいるため-10%程度になっていますが、ほったらかし積立なので特に気にしていません。

特定口座で3年前に購入していたひふみ投信を現金比率上げるために売却しました。チャートも停滞していたので。

下落してるとはいえ投資始めて4年目で損益が+40%なので、年利5%と考えていたから2022年の現時点では上昇しすぎなくらいです。下落相場は多く数を買えるので嬉しいことです。

つみたてNISA以外にも投資信託を三井住友カードナンバーレスゴールドで積立ることで上限5万まで1%のVポイント付くので、特定口座で「SBI全世界インデックスファンド」を積立ててます。

※ポートフォリオの銘柄が多いかと思われるかもしれませんが、始めた当初は楽天の全米株式と全世界のコストが安かったので積立ていましたが、途中からeMAXIS Slimが登場しコストが最安値でしたので投資銘柄を乗り換えたためです。

【楽天証券】2022年6月の運用状況(嫁)

2022年6月資産推移

こちらは嫁のつみたてNISAになります。

8資産均等は私的には変更して全世界株式(オールカントリー)1本にしたいところですが、嫁は株式だけだと怖いということで8資産均等を毎月1万、全世界を毎月2万積立しています。

つみたてNISAの積立銘柄の紹介

・eMAXIS Slim米国株式(S&P5000)
・eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)
・SBIバンガードS&P500インデックスファンド
・eMAXIS Slimバランス(8資産均等等型)

同じ『S&P500』の銘柄が2つありますが、変動の差をみたくて勉強のため2銘柄にしています。

投資を始めて4年ほど経ちますが知識は初心者ですので、米国株式だけだと不安な気持ちがあり、全世界株式にも投資しておいたほうがいいかなと思い入れています。

全世界とS&P500を半分ずつ積立ても、投資割合は約8割が米国になり分散になっていないのですがこちらも投資銘柄の差を知るために全世界も入れています。

楽天証券の特定口座の資産推移

2022年6月資産推移

楽天証券での私の口座の資産推移です。

楽天SPU達成のために、米国ETFは高配当のHDVを毎月積立るようにしてみました。投資信託は先進国債券にしてこちらは毎月売却しています。

メインはSBI証券なので楽天証券は余り使用していません。

ネオモバイル証券の資産推移

国内株式の1株投資の合計です。

高配当株式を中心にしており、始めて2年くらいは経過しますが余り増えてはいないのですが定期的に購入しています。

評価損益が大きいですが、コロナ渦で下落した際にオリックスやKDDIを安く積立できたためです。

株主優待も少しずつ受け取れる100株まで優良企業は購入したいと考えており、7月のボーナスは投資信託でなくネオモバに回したいと考えています。

40歳までには200万積立て配当金が年間10万を目標にしています!

投資は米国が主ですが国内にも優良企業が多いなと感じているこの頃です。

トレカ投資(MTG)を多くしており2022年7月の支払は増大

別記事にしていますが、7月8日にMTGの「ダブルマスターズ2022」が発売されるため予約をかなりしています。

そのため、現金比率が上がりましたが7月の支払が終わると現金が結構減ってしまう予定ですね。

ただ既にAmazonでプレ値になっていますので、損をすることはないでしょう。過去にもMTG投資はしてきていますが、今回は過去一で投資しちゃっています。

関連記事

ダブルマスターズ2022の発売日は先日公式から2022年7月8日(金)になりました! ダブルマスターズといえば、ダブルの名前の通りレア2倍&foil2倍が特徴です。 分かりやすく言うと、ドラフトブースターやセットブースターで[…]

ダブルマスターズ2022

まとめ

2022年も半分が終わろうとしています。

3人目の子供(男の子)が産まれ、車も購入と大きなイベントが前半に重なったなという感じです。

県民割など利用して家族旅行も楽しみたいなと思います。仕事が不定期なので希望休とって普段1泊2日ばかりだったので、2泊3日の旅行もしてリフレッシュしたいと考えていますね。

最後に積立NISAは株価が変動しようが長期投資なので売ることは考えていませんし、暴落がきたら安く買えるから儲けものという考え方でいます。

長期目線のインデックス投資家にとっては、下がっている時期でもしっかりと毎月コツコツ積立てて積立金額を増やしていきましょう。

それでは、また次回の資産推移の記事をお楽しみに。最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

関連記事

不定期で書いている積立投資の資産推移を公開していきます。 我が家では夫婦と子供2人の証券口座を開設しており、主にSBI証券と楽天証券で資産運用しています。 毎月資産がどのように推移したか、記録という目的もありこの記事を書いており、こ[…]

2022年5月資産推移
最新情報をチェックしよう!