【旅行記】佐賀県嬉野のメルヘン村は小さいお子さんがいる家族にお薦め

11月に佐賀県の嬉野に家族旅行に行きましたので、その際に訪れた嬉野市の隣接している武雄市にある観光施設のメルヘン村と宿泊した旅館「初音」の2つのレビュー記事になります。

これから嬉野に旅行に行かれる方の参考になれば幸いです。

・武雄市の観光施設の1つメルヘン村について
・多くある宿泊施設の中から「初音」を選んだ理由

武雄市の観光施設のメルヘン村の基本情報

メルヘン村

引用:メルヘン村公式サイトより

森とリスの遊園地メルヘン村は、温泉で有名な嬉野の中心地から車で約10~15分と近く小さいお子さんがいる家族にはとってもお薦めです。

公式サイト:森とリスの遊園地 メルヘン村【公式】 | 佐賀県武雄、嬉野の家族向けレジャー施設

 

ただし、検索すると「メルヘン村 怖い」と出てきまして行くまで凄く気になっていました。

よく見たら可愛いんだけど、林の中にウサギの置物を置いてあったりウルトラマンのようで違う置物が。。アンパンマンだったりキティちゃんと何でもありで、ある意味メルヘン村という施設名通りだと感じました。

老朽化もあるから不気味な時もあるけど、めっちゃ子供達にとっては楽しめる施設ですよ!

行ったのが平日ということもあり、車は20台程度しか駐車していなかったので待つこともなく自由に動き回れました。

観光というかは、子供達と一緒に遊ぶところですね。機材が使えなかったり、あきらかに新しいのと交換するべきだろうという点もありましてレトロ感を残しつつも、改善されたら更に良いのかなと思いました。

「ドン・グリス」が日本一大きいリスのオブジェということで、もっとアピールしていくと観光客が増えるのではないかとも思いました。

営業時間と料金について

営業時間:9:30~17:00(最終入場16:00、年中無休、荒天時は臨時休園あり)

一般 団体 福祉
大人(高校生以上) 1100円 880円 550円
子供(3歳以上) 700円 560円 350円
シニア 650円

※2歳以下は無料、団体は15名以上、福祉料金は障害者手帳が必要で本人のみ割引

当日はLINE友達になると使える100円引きのクーポンがあり使えました!

アトラクションで使える、のりものパスポートは1,000円で200~300円の乗り物に6回乗れる券になります。

遊園地・動物園・アトラクションとあり1番のお薦めはアトラクション!

メルヘン村には、3つのゾーンに分かれています。

  • 遊園地ゾーン
  • 動物園ゾーン
  • アトラクションゾーン

この3つを見ると、敷地がかなり広いんだろうなと感じてしまいますが実際にはギュっと詰まっておりそんなに園内は広くないので歩き疲れたということはありません。

遊園地ゾーン

遊園地ゾーン

昔ながらの乗り物が中心で目新しい乗り物はありません。

観覧車、メリーゴーランドなどがあり、大分県の別府ラクテンチのように昭和の作りです。

小学校低学年くらいまでなら、楽しめる遊園地ですね。

思っていた以上に古く昔のもので老朽化もしている印象でして、お得な「のりものパスポート」は入口で買わず子供が興味を強く抱いていたら購入を検討されたら良いと思いました。

うちの娘(5歳と1歳11か月)達は、遊園地もみたけど余り反応よくなかったので動物園で餌やりをした後はアトラクションゾーンで数時間過ごしました。

スタッフの多くは遊園地ゾーンに配置されていますが、お客様は正直少なくアトラクションゾーンの方が人気なのでそちらにスタッフを配置した方が良くないかと感じました。

動物園ゾーン

うさぎ、ヤギ、リス、アライグマがいて餌やり(1袋100円)をすることができます。

動物と動物との距離が近く、短時間で見て回ることができ子供達はやはり動物が好きなので喜んでいました。

インコや亀もひっそりといました(笑)

滞在時間としては10分程度だったかと思います。

アトラクションゾーンの遊具など

アトラクションゾーンは遊園地や動物園と比べると範囲が広いです。

子供達が喜びそうな基本的な遊具もありますが、遊園地らしい普段みないデザインの滑り台も多くみられました。

逆に滑り台が多すぎではないというくらいに、たくさんの種類があります。

トランポリンが子供は好き

トランポリン

動物園ゾーンを抜けてすぐに、売店横にトランポリンがあり無料で遊べます。

特にスタッフがいることもなく自由に遊んでくださいということで、小学生未満と小学生以上とで半分に分けてくれているのは嬉しいですね。

子供用なので大人は利用できませんのでご注意を。

5歳の娘は他にお客さんがいなかったから、自由に使えたので途中休憩もしていましたが約30分くらいはトランポリンをして汗をかいていました。

屋根付きのテントドーム、三輪車ゾーンやちびっこハウス

三輪車のスペース

天候に左右されないのは非常に嬉しい点です。

この項目にあげている場所は全てスペースがとても広々としています。

テントドームにはブランコや大きなボールがあったりしました。

写真の三輪車ゾーンでは珍しい三輪車やスーパーにあるようなカートがあり面白いのですが、ペダルが無い三輪車もありメンテナンスをしてくれるとより良いのにと感じました。

ちびっこハウスはトイザらスなどで売られている自宅で乗るおもちゃが多くみられました。

ここの注意点は公式サイトの写真と違って奇麗ではありませんので、写真のようなイメージでいくと残念な気持ちになるかと思います。

ボールプールや滑り台などの遊具

ボールプール

ボールプールと同じ建物内には、私も始めて見たのですが小さいボールを空気圧で空中に浮かせたり、空気砲のようなものやミニハウスもありユニークな遊具でした。

ボールプールもかなりのボール数があり、1歳の娘も楽しんでいました。

注意書きで物を落とすと見つけにくいと書かれていましたが、その通りだなと思うほどです。

遊具は船の形をしたものもありますし、宇宙をテーマにしたようなものやクジラのような滑り台はもあり大人からみても普段の公園では見かけない遊具なので見ていて楽しかったです。

変わった滑り台

メルヘン村のまとめ

見た目は老朽化しており、入口をみて入る価値があるのかと迷いがありましたが子供達は大喜びでした。

年齢の目安としては個人的に2~6歳くらいが楽しめるんじゃないかと思いました。

遊園地を中心に遊ぶなら小学校低学年でもよさそうですね。

滞在時間を2~3時間で考えていましたが、子供たちが夢中で遊ぶので4時間近くはいました。

大人としてはリピートはないですが、子供達が楽しむ要素はありますのでまた嬉野に来る機会があれば訪れてもいいかなと思います。

ただ、1点だけもう少しアトラクションゾーンの設備を整備してくれたらすっごく有難いです。

嬉野温泉の旅館 初音荘の良いところ

宿泊は嬉野温泉の「初音荘」に泊まりました。(リンク:嬉野温泉 旅館 初音荘|お子様 赤ちゃん連れに人気の宿|公式

今回は楽天トラベルで佐賀県の宿泊先で使える1万円クーポンがありGoToトラベルと併用できたので、実質5千円くらいの宿泊費でした。

GoToトラベルが始まり、旅行続きということもあり今回は余り贅沢はしない方針でしたので食事も朝・夕と付いてて貸切風呂があるところを探した結果、初音荘が候補になりました。

ファミリー向けのプランというのは、小さい子供がいる家庭には魅力的でどうしても見てしまい他のプランでなくファミリープランを選んでしまうのが心理的です。

子供達が遊ぶスペースもありますが、5歳の娘が遊べそうな遊具は少なくもっと小さい子供向きでした。1~2歳向きかな。

 

お部屋と料理について

お部屋は8畳でしたが思ったより広々としており、窮屈はしておらずお値段相応のお部屋で不満はありませんでした。

ただ、お部屋についてすぐに、まさかの蜂が部屋にいたというトラブルがありましたがフロントに連絡したらすぐに年配のスタッフさんが対処してくださり満足です。

浴衣は幼児用はプランに確か入っていなかったかと思いますが、準備してくださっていました。うちの娘は何故か浴衣が気に入っているので本来は有料でいいから借りるつもりでした。

お料理も特別に美味しいということはありませんでしたが、まずまずでしたね。

夕食の煮付けは味付けがよく、一緒に盛られていた貝?はとても美味しかったです。

初音荘での夕食

 

朝食は嬉野なので定番の湯豆腐が付いており、ご飯のお供がたくさんありお替わりも自由で嬉しかったですね。

普段、朝ごはんは食パン2枚とコーヒーなのできちんとした朝食でお腹いっぱいになりました。

 

 

大浴場と貸切風呂の温泉について

大浴場は露天風呂はなく、一般的な大浴場でしたが温泉の質がよく肌が凄くすべすべになりました。

貸切風呂は事前の予約はしておらず、チェックインした際に予約できる仕組みでしたので私たちが到着した18時では遅かったようで21時台と翌日の朝のみしか空きがもうありませんでした。

小さい子供連れが多いから、貸切風呂は人気があるのでしょうね。貸切風呂を利用される際は早めのチェックインにしておいたほうが良いです。

早めにチェックインして、夕食の時間までは嬉野温泉を探索できますしね。

貸切風呂

有料で40分で1000円しますが、私たちが最後の入浴者ということでサービスしてくださり約1時間くらいなら構わないと言われたので嬉しい限り。(我が家は子供寝るの遅いのでお風呂はいつも21時くらいなので21時40分からの貸切風呂に今回しました)

写真を撮り忘れてしまいましたが、畳風呂で子供のおもちゃも桶一杯に用意されていました!

しかし、1番嬉しかったのが子供用のシャンプーも用意されていた点です。メーカーは忘れましたがよく西松屋などで見かけるものでしたよ。

嬉野に来る途中に我が家は子供用シャンプーを忘れたので、トライアルで購入したのですがその必要性はありませんでした。

さすがファミリー向けとうたっているだけあるなと感じました。

温泉に関しては言うまでもなく、さすが嬉野温泉というところで不満はまったくなしです。

初音荘のまとめ

スタッフは非常に感じがよく、親しみやすい接客をしてくださいました。

建物は全体的に老朽化している様子があり、エレベータもありませんが手入れはされており宿泊費を考えたら妥当であり納得のいく旅館です。

再度リピートも全然ありで、私たち大人よりも子供たちが食事やスタッフの接客に非常に満足していました。

「昨日の夕食の時のおばちゃんまた朝もいるかなぁ~?」
「あのおじちゃん、やさしそうでいいね」

など、5歳の娘が言っていました(笑)

その他の嬉野周辺の観光施設

最後に、メルヘン村と温泉だけでは嬉野に旅行に行く理由が少ないので他に我が家が実際に訪れた施設や検討した観光施設は下記になります。

嬉野温泉本通り商店街は、実際に行きましてシーボルトの湯の前の駐車場は1時間無料で駐車できます。

お土産屋さんや足湯、嬉野茶を使用したソフトクリームやカフェなどもあり若い女性にも良いですよ。子供達も足湯を楽しそうにされていました。タオルは1枚100円で売られていました。

旅館を10時前に出て、ここで約1時間観光しました☆

紅葉の時期でしたので、満開であれば御船山楽園に少し遠いけど行ってみたかったんですが子供達は紅葉よりも遊ぶほうを取りますよね(;^_^A

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!