イオン、無印良品、ニトリ、IKEAの収納家具シェルフを比較してみた

※2021年1月7日更新

収納家具のシェルフは現在ではどの家庭にも1つはあるのではないでしょうか?

そのぐらい人気がある理由としては、収納力もさることながらデザイン面でも1つのマスが正方形なため見た目もよく、どんな部屋にも合うためです。
(今回は無印良品の店舗に置かれているスタッキングシェルフのタイプの記事です)

有名なメーカーのシェルフを比較してみましたので、シェルフの購入を検討されている方は参考にされてください。

私のお薦めはイオンブランドのトップバリューのオープンシェルフで、実際に2つ(2×3、2×5)購入して4年以上使っています。

・各社のシェルフの特徴がわかる
・イオンのシェルフを選んだ理由

・シェルフの魅力(カラーボックスとの違い)

イオン、無印良品、ニトリ、IKEAの収納家具シェルフの比較

定番の無印良品と他社の比較リスト(2列×3段のシェルフ)を作成しました。
※2019年8月30日に無印良品は価格見直しがあり、26,900円 → 24,900円になりました。

各社の中でも1番シェルフで知名度が高いのは店舗でも必ず設置してある無印良品だと思います。

個人的な結論は冒頭でも書きましたが価格・見た目・耐荷重から、イオン(トップバリュー)のオープンシェルフがお薦めです。

外部リンク:イオンスタイルオンライン

【無印良品】スタッキングシェルフ

無印良品 スタッキングシェルフ

引用:無印良品公式サイト

無印良品の商品の中でも人気の高い収納家具です。

店頭に設置されているので、実際のものを見れるというのは大きな利点です。

価格は他社と比べると割高に感じますが、スペックは高く拡張パーツがあるため追加で購入すれば自由度が高く無印良品の収納用品がシンデレラフィットするのが魅力的ですよ!

他社のシェルフでも無印良品の収納用品は使えますが、正方形の枠にピッタリと収まるかというと数cmだけ隙間ができます。

我が家ではイオンのシェルフを使用していますが、収納用品は無印良品のが多く隙間には関連する本などを置いたりしています。

無印良品が大好きで家具をできるだけ統一したいならば、買って損はしない定番で安定したシェルフです。

【イオン(トップバリュー)】オープンシェルフ

イオンのオープンシェルフは価格が非常にお手軽になっており、無印良品と比べると約1万円安く購入することができます。

シェルフを始めて買うという方には値段の面からも、無いとは思いますがもし気に入られなくても損失は小さくて済みます。

比較リストを見て気になる点として塗装がプリント紙というところですが実際の見た目は全く気になりません。

我が家で実際に使用していますが、安いからといって安っぽくは見えませんし特に問題なく約4年間使用しています。

唯一の不満としては、色味でナチュラルを注文しても少しブラウンぽいんです。もっと明るいナチュラルであってほしかったです。

明るいシェルフを求める方はベルメゾンや無印良品がお薦めかと思います。

【ニトリ】コネクトシリーズ

価格は無印良品とほぼ同じです。

店舗でも設置をされていますが、見せ方は無印良品の方が上手な印象です。

ニトリは家具が多いのでシェルフを主力商品としているわけではないのか、近くの店舗では端っこに設置されていました。

実際に購入したことはないのですが、口コミや画像をみると組み立てが大変そうなのとダボ穴が気になりました。

ニトリで買うなら無印良品のが良いのではないかと私は思います。力の入れようが違います。

IKEAのKALLAX(カラックス)

IKEAのKALLAX(カラックス)

引用先:IKEA公式サイト

非常にオシャレな家具が多いIKEAのシェルフですが、今回比較した他社と比べてもめっちゃ価格が安いです!

価格が安いのにカラーが多いためどちらかというと若者向けで、専用の収納用品も販売されています。

IKEAのKALLXSは他にないホワイトやホワイトとブラックのチェックもあります!洋風な空間にしたい際は良いと思います。

ただ、気になる点は洋風だからか奥行が他社と比べて約10cm奥行があり重たいことですね。

イオンのオープンシェルフを使用していますが、奥行は十分と感じており10cm奥行が増すことで良いことが思い浮かびません。

単純に部屋のスペースが奥行10cm無駄になってしまうのではないかと思い部屋が狭く感じてしまうかもしれません。

また重たいという点でも、模様替えを行う時は女性では大変でしょう。

価格は魅力的でおしゃれなので、若い夫婦の方は良いかもしれないですが30代、40代のかたには先々のことを考えるとお薦めしにくい商品です。

イオンのオープンシェルフを選んだ理由

各社のシェルフの特徴を上記にて簡易的ではありますが紹介しました。

次に何故イオンのオープンシェルフにしたのかという理由を紹介していきます。

イオンのオープンシェルフの実際の使用感

引用;イオンスタイルホーム

イオンで「ナチュラル」を購入したのですが上記の公式サイトの画像と現物を比べると、ちょっとブラウンぽいので注意されてください。

明るめのナチュラルを希望される方は、無印良品の店舗で色を確認して購入をしたほうが失敗はないと思います。
※私は最初商品が届いた時に、間違えてブラウンを注文したか伝票を見直しました。

プリント紙ではありますが、パッと見ても紙とは思えない見た目です。

実際に我が家で使用しているイオンのシェルフはこんな感じです。子供達用に使っています。

実際に使用しているイオンのシェルフ

収納用品は統一性なく色々使っています(;^_^A

左上と右上は無印良品で上の真ん中は嫁がどこかしらで買ってきたものです。真ん中の下はニトリですね。

左下はイオンのオプションのスタッキングシェルフで引き出し式にしています。

1つか2つ引き出し式にすると、使いやすくなりますしオシャレにも見えますね。

背面がないため家電製品を置いてもコードがシェルフの影響を受けませんので良いですよ☆

我が家は冬場になると1番上に加湿器を置いてます。

また、プリント紙ではありますが安いものだとすぐに剥げる印象がありましたが、こちらは素材の違いが大きいのか使用して4年ほど経ちますが剥げることなく問題なく利用できています。

イオンのオープンシェルフの問題点

イオンの問題としては、店舗には基本置かれていないので事前にどんなものか下見することができないことです。

大きい店舗にいくと、収納用品や家具系を置いているフロアあたりに商品を陳列して置いている棚として使用されていますが、それが実際に販売しているシェルフで合っているのかの判断は定員さんに聞いたりしないとわかりません。

店頭でも店員に伝えてカタログを見せてもらい、注文することは可能でしたのでカタログを貰って自宅でどれにするか検討するのがいいと思います。

店員にシェルフが欲しいのでカタログを見せてほしいと伝えても

「シェルフ??」

となりますので収納家具のカタログと伝えたほうが早いです。

オプションパーツも店頭にないのも欠点ですね。

無印良品の物で引き出し式にしても良いのですが、幅が少しイオンの方があるので隙間ができます。シンデレラフィットじゃないと嫌という方でなければ問題なく日常で使える範囲です。

オプション商品の価格について

シェルフ本体は無印良品やニトリと比べるとイオンが安いのですが、オプションのスタッキングシェルフ(2段~4段)はほぼ同じ価格で、ラタンボックスに関してはイオンの方が安いです。

オプションのスタッキング

大きさ(外寸・内寸)

無印良品と比べると、ほとんど同じですが1枠辺り幅と奥行きが約1cmほどイオンの方が大きいです。
安いうえに大きいので物もその分多く収納ができますね。

たかが1cmかと思うかもしれませんが、1枠あたりなので並べて比較すると結構違います。

イオンの方が大きいというのもあり、無印良品で販売しているオプション類なども1cm隙間はできますが、隙間を上手く使うことができれば大きなメリットですね。もし逆に小さかったら私は購入していない気がします。

購入方法はネットか店頭でカタログを見て注文

ネットで購入する場合は下記のイオンスタイルホームのサイトから購入できます。

イオンスタイルホームにはシェルフ以外の家具もありますし、意外と良いものが多いですしコロナもまだまだ増えており外出を控える意味でもネットで会員登録して注文するのが良いかと思います。

検索で「シェルフ」で探したら該当商品が出てきます。

AEON STYLE ONLINE

イオンスタイルオンライン

カラーボックスにはないシェルフの魅力

シェルフを購入しようと考えた際に、見た目はカラーボックスと同じような感じなのに価格が何倍も高いのはどうなのかと思いました。

同じように思った方もいるかと思い、シェルフの魅力を紹介します。

若い頃はカラーボックスを主力の収納家具として使用していたので、どうしても家具で1万以上になると高く感じていました。

私のカラーボックスの魅力は、安いのに収納力があるという点と横置きにしたら上にもう1つ重ねても大きな地震がなければ大丈夫なところですね。

しかし、シェルフを購入して実際に使用し良いと思ったのは主に3つあります。

  1. 見た目がオシャレでリビングに設置しても違和感ない(カラーボックスだとどうしても安っぽい)
  2. 丈夫!4年間経つけども重たいものを置いていてもたわむことなく全く問題なし
  3. 1マス1マスが大きく収納力が高い!特に高さがあるので大抵のものなら収納可能

一度シェルフを使用してしまうと次回収納家具を購入する時にカラーボックスという選択肢がなくなりました(+_+)

一人暮らしならカラーボックスも全然ありですが、結婚や同棲などしたらやはり良い家具を安く買いたいですね。
※シェルフを購入して不要になったカラーボックスは子供部屋に使用しています人の目につくところではないので良いかなと

 

まとめ(雑談)

実際に、イオンのシェルフを4年ほど使用していますが不自由に感じたことはありません。

唯一引越しをした際に分解しないまま運んだので、廊下が広くないため目的の部屋に入れることができずリビングに設置することになってしまいました(;^_^A

無印良品が大好きな私ではありますが、約半額で手に入るということでシェルフだけはイオンに。

購入を検討した時期に、10%割引とメルマガで5,000円以上の購入で500円割引クーポンもありましたのでよりお得に買えました。

イオンのシェルフを購入される際は、割引されている時も多いのでメルマガを登録しておくとよりお得感がありますよ。
※2020年8月時点ではクーポンや割引が減っています。コロナでの業績の影響かはわかりませんが

今回、ニトリやIKEAのシェルフを調べていく内にIKEAのKALLAXが凄く気になりました。オプションもそれなりに揃っており、また安いんですよね。

ただ、レビューを見ていると組み立てが難しいと書かれている方が多かったので、そこが心配です。

本体も1万円を切るという安さですが、重さは特別重たいので定期的に模様替えをしたい方には向かないけど、模様替えを余りしない場合はいいなと思いますね。
ただし、IKEAまで買いにいって持ち帰りできるのかという不安があります(;’∀’)

ベビーカーやチャイルドシートが常に軽自動車に乗っているためスペースが足りないきがします。配送してもらうと、また高くなるしもどかしいですね。

ニトリは、テレビボードとしてシェルフを検討するならいいかなと思いました。単純なシェルフとして使いたい時は個人的には候補に入らないです。

最後にまとめといたしますと、基本的にはイオンのシェルフが個人的には1番だと思います。もし、色が気になる方は店舗に設置しているのを見ることができる無印での購入を検討されれば失敗はないと思いますよ。

長い記事ではありましたが、最後まで読んでくださりありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!