②つみたてNISA(積立NISA)の始め方。証券会社のお薦めは楽天証券とSBI証券

ぽよりん



つみたてNISAを始めたいけど何からしたらいいかわからないよ~
 
ひろ
大丈夫!まずは証券口座を開設していこう。
銀行や郵便局で開設しないようにね!
 

これから、つみたてNISAを始めようとしている方が始めに悩むのが何から手をつけたらいいのかです。

証券口座を開設することが必須で、お薦めする証券口座は「楽天証券」と「SBI証券」になります。

まず、楽天証券とSBI証券のどちらでつみたてNISAを行うかを決めなくてはいけません。

銀行や郵便局を選んでがいけない理由も解説をしていくよ~。

・つみたてNISAでお薦めする証券口座は楽天証券とSBI証券
 →楽天証券とSBI証券はどちらが良いのか
・銀行や郵便局をお薦めしない理由

つみたてNISAでお薦めする証券口座は楽天証券とSBI証券

証券会社は多くありますが、証券会社のランキングを見ると多くのサイトで1位と2位は楽天証券とSBI証券になります。

読者の人にとっては、町中にある野村証券や大和証券の方が知っているのではないかと思います。私もそうでした。

楽天証券とSBI証券はネット証券になりますので、店舗を持たないかわりに人件費をカットすることで様々な手数料を抑えられています。

また、店舗がある証券会社は相談をしやすいというメリットがありますが、店舗はテナント料や人件費が発生するため利益を得る必要があるので購入時に手数料が発生したりと何かとネット証券より高くなりがちです。

楽天証券とSBI証券以外のネット証券はダメなのか

つみたてNISAは投資信託を購入していくので、まず投資信託の取り扱い数が大切になります。

取り扱い数が多くても良い投資信託が無いなら意味はないですが、楽天証券とSBI証券は共に良い投資信託を多く取り扱っています。

証券会社 楽天証券 SBI証券 マネックス証券 松井証券
投資信託の取扱総数 2,627 2,635 1,237 1,460

また、つみたてNISAを始めた後に他の投資も挑戦したみたいと思ったりした時のことも考えると、様々な取り扱いがある楽天証券とSBI証券がお薦めということになります。

2021年5月の時点で、共に600万口座を達成しています。特に楽天証券は勢いに乗っており、2020年12月に500万口座を達成してから約5カ月で600万口座となり過去最速で証券口座を開設する方が増えています。

ぽよりん
なるほど!楽天証券かSBI証券を選んでおけば安心ということだね
 

楽天証券のメリットとデメリット

ここまで読んでくれた方は、楽天証券とSBI証券のどちらを選んだらいいか悩んじゃいますよね。

メリットとデメリットを今回は簡単に紹介していきます!詳細は別記事がありますのでリンクを貼っておきますね。

楽天証券のメリット

・楽天カード払いで1%還元
・簡単な条件を満たせば楽天市場のSPUが+1倍で買い物がお得
・楽天銀行と連携すると投資信託の保有金額10万ごとに毎月楽天ポイントを4ポイント付与
・楽天銀行と連携すると普通預金の金利が0.1%に上がる
・日本経済新聞が無料で読める
・楽天証券のホームページが見やすくわかりやすい
・楽天ポイントで投資信託を購入可能

楽天証券のデメリット

・コールセンターが繋がりにくい
・楽天カード払いの場合は毎月1日と固定で自由に積立日を決めれない
・少額での株式投資ができない(単元未満株)
・楽天銀行、楽天カードを普段利用しない方にはメリットが薄い

SBI証券のメリットとデメリット

SBI証券のメリット

・6月30日から三井住友カード払いで0.5%還元。期間限定で1.5%に。
・積立設定が毎日、毎週、毎月と細かく設定可能
・投資信託の保有金額によって0.01~0.2%のTポイントが付与される
・少額投資できる単元未満株をSBIネオモバイル証券で行える
・IPO投資ができる
・米国株式への投資がしやすい

SBI証券のデメリット

・サイトの見やすさがよくはない
・アプリも今一つ使いにく
・楽天証券と比べてポイント付与が少ない

銀行と郵便局を選んだらいけない理由

つみたてNISAは証券会社、銀行、郵便局で開設することができます。

この3つですと、断トツで証券会社がお薦めです。銀行と郵便局を選択するメリットはほとんどありません。

銀行と郵便局をお薦めしない理由をメリットとデメリットで説明している下記の記事を読んでくださればと思います。

関連記事

つみたてNISAの開設数がコロナウィルス以降は大きく増えております。 個人的には商品ラインナップ、使い勝手を含めてネット証券が1番ですが、50代以上の方はなかなか最初からネット証券というのは難易度が高いとも思います。 今回の記事[…]

 

つみたてNISAで購入できる投資信託は金融庁が厳選していますので、手数料が高かったりする特別よくない投資信託はありません。

ただし、取り扱っている投資信託の数が圧倒的に証券会社が多く、銀行や郵便局は手数料が若干高い投資信託が多いためです。

まとめ

最終的に私がお薦めするのは、始めて投資を行う方は楽天証券をお薦めします。

やはり、サイトが見やすく楽天市場で買い物をする若い方も多いですし、楽天カードを所持している方が多いのが理由です。

SBI証券を私も利用をしていますが、6月から始まる三井住友カードのポイント付与がありますが三井住友カードを持っている方は楽天カード所持している方より少ないですし準備に時間がかかります。

手軽に始めるという点でも、楽天証券かと思います。

ただし、SBI証券にも魅力は大きくあるので両方口座開設をしておくことをお薦めします。

 

 

商品数やサービス面

ネット証券が圧倒的に便利で優秀です。商品数は2019年5月の時点で161本あり、SBI証券の場合は151本もの取り扱いがありますが、郵便局だと8本しかありません。

数が少ないというのは、逆に投資信託の種類を選べないので余り考えなくて済むメリットはありますが、より良い投資信託が金融庁が出してきてもそちらに乗り換えることが難しいです。

購入の仕方もSBI証券ですと、毎日・毎週・毎月と選べ1回の購入金額は最低100円からになりますが銀行だと月1回のみで最低1000円からの購入になります。

最大の違いは、業界最低水準の運用コストを目指している「eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)」の取り扱いがあるかないかだと思います。

投資信託をされている方はご存知の方が多いと思いますが「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」という投信ブロガーが選ぶ投資信託のお薦めのランキングを発表するイベントが毎年行われています。

そこで毎年上位にランクインしています。

運用コストは下記画像になります。銀行ではeMAXIS Slimではなく、eMAXISの取り扱いをしているところもありますがSlimの方が運用コストが低いです。

引用:三菱UFJ国際投信 https://emaxis.jp/lp/slim/pr1/index.html?emaxis

郵便局が取り扱う商品は同じインデックス投資信託でも運用コストが0.19%~0.36%になりかなりの差があります。

ほんの0.1%の違いだろうと思うでしょうが約倍違うので長期投資を考えると馬鹿にできない金額になります。

ネットでの取引が不安でしたり昔ながらの対面販売が良いという方は、銀行か郵便局でもいいと思いますが選択肢は少なく銀行員の説明のままに投資する商品を選択するのは危険です。

しっかりとリスクを考えつつ、アセットアロケーションを考え自分なりのポートフォリオを組み、資産運用を始めることが大切です。

どこのネット証券を選んだらいいか

何社もあるネット証券の中でも、SBI証券と楽天証券を選んでおけば問題ありません。

私はSBI証券で始めましたが、今から口座解決する方は楽天カードクジレット決済で購入すれば購入額の1%がポイント還元になる楽天証券の方がメリット多い気がします。(最大で月500ポイント還元になり5万円までの購入に対してお得)

口座開設に関して

SBI証券か楽天証券かが決まったら、各証券会社のホームページからつみたてNISAの口座開設をしましょう。

以前は、開設までに早くても約3週間はかかっていましたが総合口座を既に開設済みの方は2019年1月から証券会社によっては即日で開設できるようになったようです。

楽天証券ではNISA即日買付制度があり最短即日、SBI証券では2営業日で開設でき、税務署でのNISA口座が二重でないかの確認は後でもよくなったようです。

今回は楽天証券での申し込みまでの流れを画像で紹介していきますのでご参考にされてください。流れ的には参考にされなくても簡単ですので、問題ないかとは思います。

引用:楽天証券 https://www.rakuten-sec.co.jp/

 

最新情報をチェックしよう!