FWD富士生命の収入保障保険が1番お薦め!メリットとデメリット

  • 2020年1月5日
  • 2020年3月23日
  • 保険
  • 0件

嫁が2019年12月に加入しており、私も今年こそは加入する予定の生命保険の収入保障保険です。

まず、結論から言うと下記の条件を満たせば子育て世帯で生命保険に入るなら男女ともに1番安い保険です。

≪条件≫非喫煙で健康状態に問題ない(BMIが18~27の値。計算式は体重(kg)÷身長(m)÷身長(m))

収入保障保険の特徴は?

収入保障保険は生命保険のカテゴリーに入ります。

生命保険でよく聞くのは終身保険、定期保険といったところで収入保障保険は比較的最近できた保険です。

定期保険や終身保険は受け取れる保険金が常に一定ですが、収入保障保険は最初は受け取れる保険金が高く少しずつ減っていくという保険です。

そのため、お子さんが小さい時は小・中・高・大学と教育費がトータルで見ると高くなり、進級することで教育費のトータルは少しずつ下がってきますので良く考えられた保険だと思います。

収入保障保険は子育て世帯に取っては1番お薦めできる保険で、保険料は安くもし契約者に不幸事があり他界してしまった際に年金のように毎月保険金がおります。(保険会社によっては一括で受け取れたりと受取方を選択できる保険もあります)

ただし、下記の図のように歳をとるごとに支給される受取総額は減ります。

子供達が成人している年齢で満了時期を設定しておきましょう。

 


引用:FWD収入保障保険パンフレットより

 

FWD収入保障保険に現在嫁が加入中

FWD富士生命は余り有名ではありませんが、収入保障保険はよくいろんな雑誌で生命保険のランキングに入っています。

順に説明をしていきますが、デメリットから上げていきます。(メリットはこれまで何度も他の記事で伝えたので、読者が気になるのはデメリットだと思うから)

嫁が加入した契約内容です。年払いにしたので、月払いで計算すると約1,504円となり月払いより年間で194円安くなります。

いま、加入している生命保険の月額と比べていかがでしょう?

嫁にもし万が一があっても遺族厚生年金は夫には支給ないですが遺族基礎年金がありますし、私が働けるので最低限の金額にしています。※遺族年金に関しては後半で説明しています。

 

生命保険に加入する際は、いくら生活をしていく上で必要なのかをよく検討してから保険金の金額を設定するといいですよ。

FWD富士生命の収入保障保険のデメリット

健康体の条件、申請時の調査項目が細かい

実際に嫁が申請を行いましたが、項目が細かく入力する際に30分以上かかっていました。

特に入院履歴がある方は面倒です。

病気名、病気の内容、入院期間、手術名などの記入が必要です。

申込時は手間取ることなく記入できるように、準備しておきましょう。

特則が優秀なので加入するか迷わされる

生活支援特則がオプションであり、内容も優秀です。

以下の条件に当てはまった時にも毎月年金が支払われます。

≪条件≫

① 所定の高度障害:障害者手帳1~4級に該当

② 要介護1以上

他の保険の特約と比べると、条件は緩いです。(他だと要介護3以上や障害3級以上など)

私も悩んだのですが、要介護認定は60歳までは確率低く障害になる確率は数%ありますが子供が成人するまでの保障と考えると不要と判断しました。

いま1歳の娘が大学卒業するまでの22歳までとすると私が56歳なので、必要ないと判断し65歳近くが卒業なら付けたと思います。

 

保険会社としての知名度と倒産確率

保険会社で有名といえば、アフラックや日本生命などは知名度が高いですが富士生命って知っているかと周囲に聞くと大半は知りません。

しかし、保険金を支払えるかどうかの余力を示すソルベンシー・マージンの比率は900%を超えており一般的に200%以上あれば安心と言われていますので余り気にしなくていいでしょう。

毎月の必要な金額設定の計算が必要

これは、どの収入保障保険に加入する際も同様です。

ファイナンシャルプランナーの方から年金月額の金額を最初は毎月15万円で見積もりをされました。

何を基準にして月15万円支給される内容にしたのかはわかりませんが、各家庭で月に必要な金額は変わってきますので必ず簡単でもいいので生活をしていく上で必要な金額をざっくりと計算してみてください。

我が家は最初から毎月10万で十分と計算していたので見積もりを再度していただきました。

以前に別会社で収入保障保険の資料と見積もりが送られてきた際は、毎月20万円の設定で特約も満載で保険料が安いはずの収入保障保険がものすごく高い保険になっていました。確か毎月の保険料が5,000円くらいになっており、終身保険などと大差ない金額になっています。

 

そのため、各家庭で毎月いくらあれば良いか試算しておく必要があります。

 

嫁の場合は私が他界した際は遺族厚生年金+遺族基礎年金がありますが、夫は遺族基礎年金だけです。

遺族基礎年金は、年間780,100円+449,000円(子供の人数による)=1,229,100円
※第一子と第二子まで各224,500円なので2人いるため449,000円

月額で計算しなおすと、102,425円になります。

年金月額に加えると、毎月約20万が入ることになりますので私の収入を加えれば生活していける計算です。

関連記事

生命保険に加入する際はいくらの保障にするか決める必要があります。 皆さんは何を基準にして保障金額を決めていますか? 公的遺族年金の仕組みを知っているか知らないかで保障金額の設定はかなり変わってきます。 遺族年金は詳しく説明[…]

 

FWD富士生命の収入保障保険のメリット

保険金額が最安値

これが最大のメリットです。

2020年2月の時点では他の収入保障保険と比べても条件を満たせば、男女ともに最安値です。

加入できる方が羨ましいほどに安いのに良い保険だと思っています。

 

夫婦が事故で他界してしまった際に倍の保証が無料

≪配偶者同時災害死亡時割増特則≫

不慮の事故で夫婦2人とも死亡した場合に、主契約の年金と同額の災害割増遺族年金が受け取れる特約です。

年金月額が2倍になるなに無料の特則なため申請しなくても最初から付いてました。

もし無料でなければ加入しませんが、無料なのでね。

3大疾病保険料払込免除特約Ⅱ

以下の条件に当てはまった場合、以後の保険料が免除される。

がん(悪性新生物)・・・診断

心疾患、脳血管疾患・・・手術または15日以上の入院

条件としてはかなり厳しいので特約は付けなくていいと思います。

がんの診断が悪性の場合のみであり、軽度な上皮内がんで免除であれば入る価値はあるかと思いますので今後に改定に期待します。

15日以上の入院で対象になるのもどうかと思うのでお薦めはしない特約ですね。

ただ、我が家は嫁が入っておいた方がいいって言うので、そんなに金額が上がるわけではないので入りました。

まとめ

収入保障保険は各社取り扱いをしておりますが、その中でも今回のFWD富士生命の収入保障保険がお薦めです。

次点としては、健康状態の条件に満たさないのであれば「リンククロス 自分と家族のお守り」も良い内容です。

健康チャレンジ制度があり契約当初は条件に満たさなくても、2年以上かつ5年以内に満たせば割高に支払った分の保険料が戻ってくる制度です。

本人または配偶者を頑張らせる良い切欠にもなるのではないでしょうか?

BMIを満たすために、ダイエットしたり子供のために禁煙するなど良い方向にいくかもしれません。

生命保険は各社がそれぞれ定期保険、終身保険、収入保障保険とだしているため世間にはたくさんの種類の生命保険が存在します。

その中から、1つを選ぶのはかなり保険の勉強をしないと難しいため、今回の記事が参考になればと思います。

ご自身でいくつかこれは良いかなという保険を選びファイナンシャルプランナーに相談するといいです。

何も準備をしないで保険の相談にいくのは危険なので、最低でも保険料を〇〇〇円まででと決めておきましょう。

保険を見直して浮いたお金は貯金に回してくださいね。

収入保障保険で迷った時は、今回紹介いたしました「FWD富士生命の収入保障保険」、条件に満たさなければ「損保ひまわり生命の自分と家族のお守り」を選んでおけばいいでしょう。

最新情報をチェックしよう!